蟹を贅沢に使う

みなさん、最近めっきり寒くなってきましたよね。
私もついこの間まで半袖でも日中は普通に過ごせたのでびっくりです。

さてさて、主婦の皆さんから、一人暮らしのサラリーマンまで、
毎日の晩御飯のメニューに困ってはいませんか?
そうやって寒くなってきた今晩、ちょっと豪華にカニの味噌汁を食べてみましょう。

カニといえば、鍋というそこのあなた、たまには味噌汁って選択肢を選んでみませんか?

「でもなあ、カニの味噌汁なんて、ちょっと高いお寿司屋さんでしか食べたことない・・・。」
なんて方、たくさんいると思います。
たまには、自宅で作ってみてはいかがですか。

と言っても、作り方はとっても簡単です。
大根や人参、おネギ、油揚げなど、豚汁を作るときに使う食材を豚肉以外全て炒めて、
水を入れ、沸騰させます。
その後、豚肉の代わりにカニを投入してみてください。
もちろんお味噌もたっぷりと入れてくださいね。

基本的にはカニから旨味がでて、粉末だしを入れなくてもとっても美味しく仕上がりますよ。
(旨味が足りない場合は、入れてもOK)

参考サイト: かに本舗 楽天

やっぱり美味しい毛ガニ

味噌汁に使うカニって、何のカニがいいのかわからないというあなた。
基本的に私は、毛ガニをおすすめします。

毛ガニを食べやすいようにカットして、おだしをとると他のカニよりも旨味成分が多く出ます。

食欲の秋、肌寒くなってきた今日この頃、定番のお鍋もいいけれども、
たまには毛ガニのお味噌汁で心も体もホカホカになってみませんか?

浜茹でが実施された蟹というのは、身が縮まることもありえないですし、
海産物特有の塩分とカニの風味がキレイに反応して、手を加えなくても
おいしい毛ガニの味を山盛り頂戴することが出来ると思われます。

毛ガニを通販で購入するのは、日本人として生まれたからにはチャレンジしてみたいものです。
年の初めに家族や親戚と楽しむ、あるいは寒い寒い冬あつあつのカニ鍋を仲良くつつくのも
日本の食文化の醍醐味です。

冬とはカニが美味な季節ですが、山陰海域で見られる松葉ガニに勝るとも劣らないのが、
瀬戸内海産の美味いワタリガニです。
正式な名前はガザミであり、今節では瀬戸内で名高いカニと語られています。

あの花咲ガニは、その体にハードな針のようにトゲが飛び出し、脚は短くさらに太め。
けれども、寒さ厳しい太平洋でもまれてきたプリプリとして弾けそうな身は、
潤沢で、ジューシーです。

頂くと格段にコクのあるワタリガニのピークは、水温が低落してしまう晩秋から春の季節
までとなっています。
この期間のメスは一際、甘味が増すので、お歳暮などのギフトに役立てられます。

深い海に分布しているカニ類は活動的に泳がないのです。
盛んに常々泳ぎ回るワタリガニの贅沢な身が、パンパンで美味なのは不思議ではない
ことだと想定できます。

今日では注目されていてオツな味のワタリガニであるため、低価格のカニ通販などでも
注文が増加して、日本のあちこちで味わう事がありえるようになりました。

カニを買うならスーパーではなく通販のネットショップのほうが、
いいものが安いしそのうえ手軽と言えます。
手頃な値段で美味しいズワイガニは通信販売から賢い方法で手に入れて、
新鮮な美味しさを味わいましょう。

誰もが知っている毛ガニの蟹味噌は、こってりとした味の晩品だ。
甲羅を焼きながら、そこに日本酒を混ぜた後で香りでいっぱいにしながら、
毛ガニの味噌と身を一緒に頂くこともおすすめです。

北海道が産地の毛ガニは、良質で活きのいい味わい深いカニ味噌が美味しさの鍵です。
寒い環境で成長すると肉厚になるのです。
北海道より低価格・高品質のを原産地から宅配なら通販でしょう。

ワタリガニは、たくさんの菜単として召し上がることが期待できるのです。
焼きや蒸しで食べたり、ジューシーな素揚げや味噌汁も捨てがたいですね。

新鮮な身を楽しむ事が出来るタラバガニだと言えるが、味はちょっぴり淡白ですので、
現状のまま湯がいて食する場合より、美味しいカニ鍋で味わう時の方が絶品だと
考えられています。

よくある毛ガニは、甲羅の長さが10~12cmくらいの幾分小さいカニで、
捕獲の出鼻の頃は、紺色に類似している褐色となっていますが、
ボイル後には鮮烈な赤色になってしまうのです。

寒い時期に食べたくなるズワイガニは、雄と雌で大きさが異なって、
雌は先ず当たり前のように卵を抱いているため、捕獲される各地の業者間では、
雄と雌を別々の物という事で提供しているはずです。

海を渡り歩くワタリガニは、カニ下目の内のワタリガニ科に属するカニの総称で、
国内では愛されているガザミやあさりなどを食べるタイワンガザミを代表とする、
鍋におすすめのガザミ属を示す名前となっております。

関連記事


    加工せずに食べるのも楽しめる花咲ガニですが、他に適度に切り分け味噌汁で味わうというのはいかがですか。 北海道の人たちは、カニを入れていただく味噌汁を「鉄砲汁」というそうです。 美味しい蟹を通販で注文す…


    ついつい惹かれる銘柄はみんなの“憧れ米” 日本のコシヒカリといえば、知らない人はいないと言っても 過言ではない、お米界を代表する品種です。 1956年に誕生して以来、地理的には 福島県・新潟県よりも主…