ワキガ手術は一般的に臭いの原因となる「アポクリン線」「エクリン線」「皮脂腺」を除去することで治療を行います。
匂いの原因となる部分に直接アプローチでき、大きな効果が期待できるのですが、ワキガ手術は一般にはあまり知られていないように思えます。
ワキガ手術は大雑把に分けて2種類あり、「直視下手術法」と呼ばれる切開方法と、「非直視下手術法」と呼ばれる術後に傷跡を配慮する方法があります。
直視下手術法は脇の下3~5cmほどを切開し、皮膚を裏返したら出てくるアポクリン線を目視で除去していきます。
この方法は確実にアポクリン線を除去できるのが強みなのですが、どうしても手術時間が他のと比べ長くなってしまいます、そして術後の傷跡の長さが長いなどのデメリットがあるのです。
非直視下手術法は、わきの下に1cmほどの小さな穴をあけ、そこから細い管を通しアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などをかきだしながら吸い取ります。
小さな穴をあけるだけなので傷口は目立ちませんがアポクリン線など除去しきれない場合があり、再発の可能性があるというデメリットがあります。
どちらも一長一短の特徴があり、治療法は自分で選ばなくてはなりません。
この記事があなたの役に立ったのなら、それはとてもうれしい限りなのです。
ワキガの手術について詳しい内容が知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒ワキガ 手術

関連記事