ビタミンAはちゃんととっておりますか?。目が疲れたりするとビタミンA良いからかぼちゃを食べなさい!などよく言われましたよね。
何となく体に良さそうだからビタミンでよくとりますけれども実際のところどのような効果があるか詳しく知ってる人は意外と少ないのです。
そこで今回は数あるビタミンの中からビタミンAをピックアップして一緒に勉強していきましょう!

ビタミンAには、体の成長を促進してくれたり、お肌の健康をキープしてくれたり、暗い場所でも目が慣れてすぐに見えるようになる機能(視覚の暗順応)を高めてくれます。
さらに喉や鼻などの粘膜に働き、外部から侵略してくる細菌と戦ってくれる重要な役割もあります。
そんな人間にとって良いことばかりのビタミンAはどのような食品にたくさん配合されているのでしょうか?
ビタミンAを多く含む食品としては、チーズ、レバー、うなぎ、卵、バター、マーガリン、緑黄色野菜などに多く含まれています。
やはりポイントとしまして緑黄色野菜はビタミンの宝庫ですよね。
また、国民健康・栄養調査結果を見て見ると、私たち日本人は緑黄色野菜からとるビタミンAが最も多く、実に4割余りが緑黄色野菜からなのです。
我々日本人からしてみて緑黄色野菜はビタミンAの供給源としてすごく大切なのです。

ビタミンAはどの程度、摂取することが良いのかというと、人それぞれ個人差がありますし、一概にはいえません。
しかし、万が一摂取量があまりにも少ないと、欠乏症になってしまう恐れがあります。
欠乏症とはビタミンAが不足してしまいますと、暗いところで目が見えなくなるいわゆる“とり目”と呼ばれる現象が発生してしまいます。

現在の日本においてはなかなかこの欠乏症にかかる人は少ないと思いますが栄養状況が良くない後進国の人々たちは栄養失調から子供たちが
失明する重大な原因となっているのです。

その他ビタミンA不足の症状では、皮膚および粘膜の乾燥や角質化などが生じてしまうため、細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まってしまう為感染症にかかりやすくなってしまいます。

その一方、ビタミンAを過剰摂取してしまうと肝臓に蓄えられて肝障害などの副作用をおこす危険があります。
普通の食事だけではいくら食べてもとり過ぎる心配は特にないのですが、サプリやビタミン剤を飲む場合はしっかりと使用方法を守りましょう。
特に注意が必要なのは、妊娠期または妊娠を希望する女性の方がビタミンを過剰摂取してしまいますと胎児への悪影響が報告されています。
ですので、とり過ぎには十分注意が必要です。

ひとてまいについて、詳しい情報はこちらです⇒ひとてまい 口コミ

関連記事


    グルコサミンに関しては、軟骨の原材料になるのはもとより、軟骨の再生を進展させて軟骨の修復を実現したり、炎症を落ち着かせる作用があると公にされています。 長期に及ぶ悪質な生活習慣が原因となって、生活習慣…


    アンチエイジングを目指す際、殊更重視されるのが肌の現況ですが、健康的な肌を持続させるために必要な栄養が、タンパク質を作る必須&非必須アミノ酸です。 いつもの食事内容ではさほど補えない栄養素でも、サプリ…


    酵素流行りでいろんな商品が見られますが、どうせ酵素を摂取するのであれば、 より効果の高いものを選びたいというのが本音ですよね。 安いから良い、有名な人が飲んでいるから良いなど、選ぶポイントは人様々かも…


    毎日毎日ゆったりとした時間が取れない人にとっては、 食事によって人の身体が要するビタミンだったりミネラルを補充するのは 不可能に近いと言えますが、マルチビタミンを取り入れるようにすれば、 身体に取って…


    日々栄養バランスに秀でた食生活を送っているでしょうか? 気付けば外食続きだったり、栄養が少ないジャンクフードを食べているといった場合は、 食生活を改めなければいけないと言えるでしょう。 知名度の高さや…