太陽光発電というのはおおきく日照条件によって、発電量が変わってきます。
日航がないといけないものですが、この貴重な日光を少しでもより効率的に発電量を上げたいというような時にはどのような活用術がほかにあるでしょうか?
発電効率を有効にあげるには、パネルの環境は何よりも重要です。
パネル角度や設置場所を日光が当たりやすいように変えるのは普遍的な方法であはありますが、パネルは汚れがついてしまうと効率が下がりやすいものです。
ですので、この汚れ対策としてあらかじめコーティング剤を塗ることによって汚れそのものが付かないようにしたり、汚れが落ちやすいようにしておくといいでしょう。
また、光がより当たるようにパネルの裏などに反射材を設置することによってより光がパネルに当たるように調節すると効率は上がります。
少しでも光を当てるという工夫をいろいろやっておくとエネルギーは作りやすいです。
後は急激な温度上昇におパネルに入っているシリコンが弱く、発電効率が下がるケースがありますから、温度を下げるために散水装置を付けるというのも効率は上げる手段です。
これらのようなことをして、少しでも発電効率を上げるように努めてみましょう。
こちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 活用術

関連記事