洗顔後のスキンケアの順番は、化粧水、美容液、乳液、クリームの順に使うのが基本です。
乳液の後に美容液を使用している人がいるようですが、これは間違い。油分が少ないものから先に使います。
化粧水で水分補給させ、水分と油分のバランスが良い乳液で水分油分を補い、油分が多いクリームで肌を保護します。
美容液は美白やたるみなどに特化したアイテムで、肌悩みに合わせて使います。
特に気になる症状がなければ使わなくてもかまわないアイテムです。
ただ、スキンケアブランドの中には乳液を先に使ってその後に化粧水を使う、乳液先行型をとっているものがあります。
肌が硬いと化粧水をつけても浸透が悪いため、保湿効果が得られません。
先に乳液で肌を柔らかくほぐして化粧水を入りやすくし、化粧水の効果を上げるのが狙いです。
乾燥肌の人は水分油分が少なく肌が硬くなっているので、向いているスキンケア方法だと言われています。私も乳液先行型でスキンケアしていた時期があります。
肌を触るとふんわりと柔らかいのですが、保湿力はそれほど上がらなかった記憶があります。
コットンで肌をほぐしながら乳液をつける時に、コットンの刺激で肌を痛めていたのが原因かもしれません。
乾燥肌、軽い敏感肌の人は効果があるようですが、敏感が進んだ肌はデメリットもあるので、注意が必要です。
スキンケアの順番について詳しく知りたい方はこちら⇒スキンケア 順番

関連記事