髭の悩みを抱えている方は大変多いと思います。
濃い髭の方や顔の一部分にのみ生えてくる方もいるそうです。
さらに、髭の形の作り方を間違えてしまうと印象が悪く映ってしまうこともあります。
しかし、ちゃんと自分に合った髭の形を作ることで清潔に見せることができます。
なので、しっかり学んで実践することで印象をよく見えるようにしましょう。

 

<髭を生やすときに気を付けること>

単純に髭を生やすといっても気を付けることがあります。
絶対にダメなことは不潔に見えてしまうことです。
無精髭でそのまま外に出ている人を見かけますが印象が悪く見えるので気を付けてください。
そして、自分の髭の伸び方や生え方を知っていないと整えるときにミスをしてしまいます。
これらに気を付けて清潔感のある髭の形を作りましょう。

 

<清潔感を持たせる髭の形の種類3パターン>

1、あご髭
あご髭は日本人男性には最も似合う人が多いスタイルです。
清潔感を持たせる形にするには横幅を細くすることがおすすめです。

2、頬髭
頬髭は顔を小顔に見せることができます。
顔が大きく見えてしまう方におすすめです。
しかし、少し間違えると清潔感がなく見えてしまうので注意が必要です。

3、口髭
口髭は大人びた印象に見せることができます。
自分が童顔だと思う方におすすめです。
口髭は細くすることで知的な清潔感のある印象にできます。

 

 

<清潔感を保つ髭の形の手入れ>

まず、初めて髭の形を作る際には顔用のペンシルで自分の髭の形を書いておきましょう。
顔の印象が決まるので慎重に行ってください。
髭の形を整えるにはトリマー、はさみ、かみそりが必要です。
はじめにトリマーで長さを調節し(2~3mm)整え、いらない部分はかみそりで剃ってしまいましょう。
最初から長い髭を整える方ははさみでカットして調節してからいらない部分をかみそりで剃ってください。
そうすることで整った髭の形を作ることができます。

 

<清潔感のある髭の形の作り方まとめ>

清潔に見える髭の形を作ることがあなたの第一印象や好感度につながると思います。
無精髭を生やして街を歩いている方は印象が悪く見られてしまうことがあります。
こまめに手入れをしたり、自分に似合う形を追求したりすることで清潔な印象を保ちましょう。
髭は最も人に見られる顔にあるので髭の形だけでも印象を変えることができます。
髭の悩みを少しでも減らせれば自信を持つこともできると思います。(参照:髭 形

 

 

 

関連記事

    None Found