しみといってもいろいろな種類があり、それぞれ原因も違います。
その中でも、紫外線が原因でできるしみの作られ方と対処法について簡単に説明します。

まず、皮膚の一番表面にある表皮が紫外線に当たると、表皮の下にある真皮まで入らないように黒いカーテンのようなものを作り守ろうとします。
これがメラニンです。一度作り出されたメラニンは、ターンオーバーによって垢や角質になり排出されるのですが、そのターンオーバーが正常に行われないとメラニンは古い表皮と共に表面に残ってしまいます。
そして色素沈着がおこりしみとなるのです。メラニンはあまり良い印象を持たれませんが、実はお肌を守ろうとする重要な役割りを持っているのです。
もちろん、紫外線の浴びすぎでメラニンを過剰生成させるのもよくありませんが、一番大事なのは正常にターンオーバーすることですよね。
ターンオーバーの乱れの原因は生活習慣の乱れや加齢など、様々な理由から起こります。
お肌を生まれ変わらせ、しみを作らせないようにするためにも、規則正しい生活、バランスのとれた食生活、ストレスを溜め込まないなど、一度生活を見直すことが大切です。
お肌も身体も健康になれることを心掛けたいですね。

私が参考にしたのはこちら⇒しみ メラニン

関連記事